*★*インド旅行 クトゥブ・ミナール(Qutub Minar), Delhi*★*
インド旅行のつづきです070.gif

デリーにある世界遺産巡りです。
クトゥブ・ミナール(Qutub Minar)は、インドの首都ニューデリー郊外にある世界遺産です。
1200年頃に北インドを征服したトルコ系軍人クトゥブッディーン・アイバクによって建造されたもの♪
c0085385_19452031.jpg
建造されたこのミナレットは72.5mの高さを誇り、
世界で最も高いミナレットとなっているようです。
c0085385_19452857.jpg
当初は100mほどの高さがあったそうですが、
地震や落雷などで先端が崩れ修復して現在の高さになったそうです。

内部には378段の階段があり、残念ながら今は上がれませんが、
以前は先端部まで上ることができたみたいです。
c0085385_20274744.jpg
塔の周りにはイスラム風の装飾が施されて、
刻まれている文字はコーランから引用されたものだそうです。
c0085385_20273078.jpg
アライ・ミナール(Alai Minar)
c0085385_1946888.jpg
財政難で工事が中断して、現在は25mの直径を持つ巨大な基底部が残ったままになってます。
完成していれば元のクトゥブ・ミナールを超える、100mを大きく超える塔になっていたようです。
c0085385_1945486.jpg
デリーの鉄柱でチャンドラヴァルマンの柱とも言われています。
何がすごいかって紀元415年に建てられて1500年以上ものあいだ錆びない鉄柱なんですっ!!
その時代にこれだけのものが作れた技術はミステリーなものでかなり興味深いです。
c0085385_2027615.jpg
99.72%という高純度鉄で作られていて
直径は約44cm、高さは約7m、地下に埋もれている部分は約2m、重さは約10トン。

地上部分は錆が内部に進行していないようなんですが、
残念ながら地下部分では腐食が始まっているそうです。
c0085385_20271658.jpg
鉄柱には 背中越しに手を組むと幸運になるとの言い伝えがあるそうですが、
今は柵で囲われているので、触ることするできませんでした・・・・
c0085385_19453866.jpg
モスクを建てる際には、柱や梁はできるだけ生き物の像の
彫られていないものが選ばれていたそうです。

表面にそれらが刻まれた石材は、向きを変えたり、
目障りな彫刻を削り取ったりして使った形跡が残っていました。
c0085385_19462727.jpg
クトゥブ・ミナールを訪れた時から怪しげな曇があり、しばらくしたあと一時的な大雨に降られ057.gif
天井のある場所で雨が落ち着くまで待機しました。
c0085385_19455796.jpg
ヤムナー川(Yamuna River)

ヤムナー川はガンジス川最大の支流なんですが、ちょうど車で通りかかった時に
沐浴をしてる方、体や頭を洗うというか清めてる方々をお見かけしました。

インドといえば有名なガンジス川。水質汚染の問題もあうようですが
ヒンドゥ教徒にとっては聖なる川で特別なものだそうです。
c0085385_19463516.jpg
アイス

人でにぎわうエリアの屋台で売られてたインドのアイスです。
何アイスかわらかずパッケージの感じで選んだもの(笑)

つづく040.gif

シドニー人気ブログランキングへ

[PR]
by Piroro by pinksky-piroro | 2011-11-24 22:09 | *2011年9月 インド デリー


<< *★*食べ歩き、北インド料理 ... Top *★*南インド料理 ターリー@... >>